位置情報システムの豆知識

地図

位置情報の取得方法とは

スマートフォンなどで日々何気なく利用している位置情報システム、gps。ワンタッチで自分の居場所が分かるため地図上の道案内や、自分の居場所をSわざわざ伝えることなくSNSでシェアできるとあって、利用しているかたも多いことでしょう。しかし、このgpsの仕組みや、なぜスマートフォンが発信機として機能しているかご存じでしょうか。そのヒントは、地上はるか上空の宇宙空間にあります。gpsは、地球の静止軌道上に人工衛星をもとに自分の位置情報を取得することができる測位システムです。地球の周りにはgps衛星と呼ばれる人工衛星が20機前後存在しており、そのうち3つの衛星から信号を受信することができれば位置情報を数学的に計算可能になります。つまり、gps衛星の電波を受信して計算することで位置情報を知ることができるのです。つまり、スマートフォンなどのgps機能は衛星からの電波を受信することで成立していて、インターネットのように双方向のやりとりを行っている訳ではありません。実は、gps発信機は別の発信機能を備えています。gpsで得た位置情報を知らせるための通信方法として、たとえば3Gや4Gなどの携帯電話ネットワークを用いた方法だったり、無線周波数を使うものだったりなどが知られています。gps発信機の利用を検討する場合、発信機の信号をどのように受信するかについても検討しておく必要があるでしょう。gps発信機の使用目的ですが、基本的には危機管理などに使うべきです。どうしても会いたくない人が居るからその人を避けるために使いたい、あるいは仲間内で遊びとして買ってみたいなど理由は様々なことでしょう。上記のような複雑なシステムが動いているなどと考えさせないほど、使用方法は単純です。何事も備えあれば憂いなしと言います。前向きに検討してみてはいかがでしょうか。